説教者  : 錦織学 牧師
聖書箇所 : マタイによる福音書13章1節~23節

 

「天国の奥義」(11節)・・・死んだあとのこと?
天国⇒神の国⇒神の支配⇒神の愛の支配⇒神の愛に満たされること
御言葉によって、私たちは神の愛に満たされた歩みをする。

  1. 御言葉は実を結ぶ
    1つのポイントは・・・御言葉は必ず実を結ぶから、失望しないで、途中でやめないで、語り続けなさい。
    種には命があるから、必ず芽を出し実を結ぶ。
2000年の時を越えて花を咲かせた種。
    聖書の言葉にも命がある。神の言葉、神の約束。
    自分自身の証し・・・劣等感に苦しんでいる時に与えられた御言葉。
第2コリント12:9
    御言葉は単なる気休めや励まし、心理学的手法ではない。
⇒神の真実、神の約束。
  2. 御言葉を聞く姿勢
    道ばた・・・あっという間に忘れる。上の空。
    石地・・・喜んで受け入れる。しかし根がない。
心に根を張ることを許さない。
・・・自分が変えられること、砕かれることを受け入れられない。
根は土に深く入っていく時に根の働きをする。
    いばら
掘り起こされなければならない根が埋まっていた。
苦い根・・・言われた言葉、されたことが心のなかに残る。
この世の心遣いと富の惑わし・・・もっと良い生活。もっと豊かに。
    耕された、掘り起こされた心・・・御言葉を受け入れることができる。

テイクアウトQuestion

  1. あなたは自分がどの心だと思いますか?
  2. 石地の心の問題は何でしょうか?
  3. いばらの心の問題は何でしょうか?
  4. よく耕された心を持つためにはどんなことが大切でしょうか?