説教者  : 錦織学 牧師
聖書箇所 : マタイによる福音書13章44節~46節

  • 序)
    2つのたとえ。「畑の中の宝」「高価な真珠」
    「たまたま出会った」⇔「ずっと探してた」・・・いろんな道がある。
    共通するのは「見つけた喜び」「全財産を売り払って」ということ。
  1. 神の国を見つけた喜び
    持ち物を売り払う。
    チャールズ・スウィンドル著「仕える喜び」
    天国を手に入れるためにすべてを売り払う。それくらい価値がある。
「自分自身」をも・・・全ては神のもの。所有者は神ご自身。
「天国」→「神の国」→「神の愛に満たされること」
    喜びのあまり 嫌々ではない。喜びのあまりすべてを投げ出す。
    ピリピ3:4-9 パウロは自信があった。自分の生まれ、熱心さなど。
イエスのゆえに、それらのものが損と思うようになった。
キリスト共に歩む喜びのためなら邪魔になるほど。
  2. 私達への神の喜び
    もう一つの読み方・・・この宝物は、私達。
私達を見つけたイエス様は、私達を自分のものとするために、喜んで全てを投げ出して、ご自分を十字架で与えてくださった。
神様が私達を「見つけた!」と喜んでくださる。
    ルカ15:4-7 一匹の羊をさえ探して見つけ出してくださる。そして大喜びしてくださる。
「神の愛の支配」ってこういうもんなんだよ、ということ。
私達がすべてを捧げる前に、神様がすべてを与えてくださった。
  • テイクアウトQuestion
    1)イエスに出会った時にどんなことを感じましたか?
    2)今も自分のものにしているものはないでしょうか?
    3)イエスは私達のために何を手放してくださったでしょうか?