説教者 : 錦織学 牧師

聖書箇所 : マタイによる福音書15章21節〜28節

  • 序)
    イエス「あなたの信仰は立派だ」・・・どんな信仰?
    1節からのパリサイ派の人々とは対照的。
    「小犬のような信仰」・・・あまりかっこよくない。そこがまた大切。
  1. 資格がないという自覚
    自分は小犬だ、ということを受け入れた。
    「小犬」・・・今は家族の一員⇔この時代はかなり侮辱的。
    私達の信仰のじゃまになるもの・・・「プライド」
    放蕩息子・・・「あなたの息子と呼ばれる資格はない」
    マタイ5:3「心の貧しい人は幸い」
  2. 神の豊かさへの信頼
    神の恵み・・・パンくずでも十分だ・・・それほど豊かで大きい。
    詩篇81:10「あなたの口を広く開けよ。私はそれを満たそう」
    5つのパンと2匹の魚で人々が満腹になった。パンくずが12かご一杯。
    ダビデがゴリアテを打ち倒した時ダビデの袋の中には石が4個残ってた。
    勝ち得て余りある。ローマ8章37節
  3. 神のなさることへの信頼
    イエスは沈黙された。
    イエスは「ユダヤ人に遣わされている」と言われた。・・・神の救いの計画。十字架まではユダヤ人を通して、世界の人々に祝福を。イエスの十字架によって、全世界の人々に祝福を与える。
    神様の思いは私達の思いを超え、理解し難いことがある。
→それでも、神を信頼する。
  • テイクアウトQuestion
    1)イエスの沈黙にはどんな意味があると思いますか?
    2)イエスに「小犬」と言われた時に、この女の人はどんなふうに感じたと思いますか?
    3)この女の人の信仰と、あなたの信仰はどこが似ていますか?どこが違いますか?