説教: 錦織学牧師

聖書箇所:マタイによる福音書18章21節〜36節

 

18 章のテーマ・・・教会はどんなところか。
1-14・・・一人一人が神の宝として受け入れられているところ。
15-20・・・罪と悔い改め
21−35・・・赦し合い

罪が軽んじられるのではない。悔い改めに招かれている。
そして、どこまでも赦し合う。

  1. 神の豊かな赦し
    1万タラントの赦し・・・5000回の人生=自分では返せないもの。
    「あわれに思って」・・・原語では「ハラワタが痛む」
神は、私たちの痛みをご自身の痛みとして受けてくださった。
    赦されたことが事実。豊かに赦されたことが事実。
  2. 赦し合うために
    ペテロの「7回までですか?」・・・普通は3回だった。
イエスの答え・・・7を70倍するほどに・・・どこまでも。
    100デナリ・・・100日分の稼ぎ。・・・赦せない。
・・・それはお互いの関係だけで見ているから。
全体が見えていない・・・主人から1万タラント赦されている
    私たちも豊かに赦されていることを忘れていないか?
    私たちの人間関係は神のもとになければならない。
    「愛の正三角形」神とあなたとわたし
  • テイクアウトQuestions
    1)私たちは人が赦せない時、どういう理由で赦せないのでしょうか?
    2)互いに赦し合うために必要なことはなんでしょうか?
    3)神様との関係が変わった時に、人との関係も変わったということがありますか?それはどんなことだったでしょうか?