説教: 錦織学牧師

聖書箇所: 出エジプト記 14:10-31

 

言葉だけではなく、いろんな方法で私たちに語られる神。
アブラハムとその子孫を通して、「神と共に歩む」ことを伝える。
1)人のピンチが神のチャンス
神と共に歩む・・・万事順調、順風満帆・・・ではない。
イスラエルの民・・・エジプトから解放される。
でも、海に向かって進むように導かれる
+そこにエジプトの軍隊が追いかけてくる。
人のピンチは神のチャンス(神を知るチャンス)
前後挟まれて、どうにもならない・・・神こそが助け!
800年後、アッシリアの脅威の下にあったユダ王国
神の助けではなく、エジプトの助けを得ようとした。
神は静まりなさい!落ち着きなさい!私を頼りなさい!と言われる。
イザヤ書30:15-18
「悔い改めて神を信頼する」
2)静まることってどんなこと?
民は「エジプトで奴隷であったほうがよかった!」と文句を言う。
「神が戦われるから見ていなさい」「あなたがたは黙っていなさい」
→詩篇46:10「静まって私こそ神であることを知れ」
こちらはsink, relax, withdrawなどの意味。
出エジプト14:14の「黙っていなさい」
「いろいろ言いたいことはあるだろうけれども、黙りなさい」の意味。
乱暴な言葉?
私たちは納得いかないことがあるかもしれないけれども、神に従っていく。私たちには見えていないこともある。そこでも神様を信頼すること。
<テイクアウトQuestions>
1)神と共に歩んでいるのに、どうしてこんなことになるのだろうか?と思うことはありますか?どんなことでしょうか?
2)困難の中で、私たちに求められているのはどんなことでしょうか?
3)納得できないときにも神を信頼することはできるでしょうか?どんな難しさがありますか?