説教: 錦織学牧師

聖書箇所: エペソ人への手紙5章22節〜33節

 

 

  • 聖書は結婚を重んじ、結婚を祝福している。
  • 聖書は夫婦のことについて、多くのことを教えている。
  • 聖書は夫婦の問題を簡単にやり過ごさないで、真剣に取り扱っている。

 

1)    妻への教え

  • 「主に仕える(従う)ように夫に仕え(従い)なさい」
  • 「仕える」「従う」という動詞は出てこない。・・・21節の「仕え合う」から。
  • この時代、妻は夫の所有物のように考えられていた・・・聖書は革命的
  • 自由に仕えていく。神様を信頼して、従っていく。

 

2)    夫への教え

  • 「キリストが教会を愛して、自分を与えられたような愛で妻を愛する」
  • 結婚してわかること・・・自分には愛がないなあということ。
    自分に都合のいいところを愛している。・・・全てをありのまま愛しているのではなない。

 

3)    夫婦を支える神の愛

  • 「相手が変われば、私ももっと愛せるのに」と、相手のせいにする
    ・・・これが問題。あなたからスタートする。
  • キリストが教会を愛した愛。教会に集う人々が立派だからではない。

罪人を愛されたイエス。

  • 力がないから力を与えるのが神。それを信頼するのが信仰
    エペソ1:19, ヘブル11:1

 

<テイクアウトQuestion>

1)    自分には愛がないと感じる時がありますか?それはどんな時でしょう?

2)    愛するために必要なのはなんでしょうか?

3)    神様が男性と女性を(また一人一人を)違った存在として、造られたのにはどんな意味があるのでしょうか?