私には3人の小さな息子がおり、2009年の Joy Joy Camp にその当時6歳だった長男を参加させました。一週間のそのキャンプが楽しくてたまらなかったようです。それ以来家族を連れて時間があれば教会に通うような生活が始まりました。

今年の夏は、次男と三男が通っているプレスクールも一足早く夏休みに入り、3ヶ月の長い休みを忙しく過ごすことになりました。どういう訳か、今年は夏休みに入る前から自分の気持ちが何に対しても消極的になっていました。今までの人生の中でそんな風に思った事はなかったのですが、自分でも何故かなと思いつつ過ごしていました。小さな下の二人は何処に連れて行っても時間がかかる事ばかりで、育児に対する精神面では、自分自身もかなり一杯一杯のところでがんばっていたように思います。自分自身をどこかで発散出来る時間を持っていた訳でもなく、友達と普段のように話をする時間を持っていた訳でもなく、その上、長男の学校が夏休みに入ると最初の一ヶ月はタウンのキャンプ、次の一ヶ月はアイスホッケーのキャンプと、本当にどういう訳か自分の気がめいっていきました。そんなある日、自分自身に異変を感じました。ご飯を作ることも出来なかったどころか、気持ちが下に下に向いていき、そして、時にはいきなり精神異常者のような行動さえも取ってしまいそうになりました。何かに呪われたかのように短い距離を行ったり来たり、頭が混乱して自分がつぶれそうになったり、いきなり大声を出しそうになったりしました。私はついにおかしくなってしまったと思いました。でも、頭の中にあるほんの少しの正常な気持ちが、そんな自分の姿を子供に見られたくはないと思い、必死で自分の行動を止めました。

そんななか、まだ長男のホッケーキャンプが後3日程残っていました。主人が朝連れて行ってくれたので私はピックアップするだけだったのですが、その日アイスホッケーリンクの小さな更衣室で息子を見るといきなりパニックに陥り、その時も母親である私は必死になって自分の姿を息子に見られないようにと、かすかな自分の正常心に頼って、自分をがんばって抑えました。あとの残り2回のピックアップは到底この精神状態では無理だと思い、どうしようかと悩みに悩みました。

次の日のピックアップの1時間前頃、私はある一つのセンテンスを思い出しました。教会で錦織牧師の説教を聴いている時にあった、“もし神様がいるのなら祈ってみようと、その人達は思いました。”でした。神様の事も聖書の事もまったく知らなかった私ですが、不思議とその言葉が強烈に印象に残っていました。そこで私は、もうこれしかないと思いました。もし神様がおられるのなら祈ってみようと。私は心を静め、ひざまづき、全身全霊で祈りました。“神様、本当にあなたが居られるのなら私を助けて下さい。今の私では息子を迎えに行くことすら出来ません。どうすればいいのでしょうか?助けて下さい。御願いします。”すると、出発しなければならない時間の少し前に友人から電話があり、事情を聞くなりすぐに飛んで来てくれて、私の代わりに行ってくれました。有難い事に、次の日も行ってくれて本当に助かりました。実は、その人なら頼んでみようかなと思ってた相手からの電話だったので、少しびっくりしました。

そんなある日、体力的にも精神的にも限界を感じ、子供を友達の家に預けて主人に緊急病院に連れて行ってもらいました。何にも悲しいことがないはずなのに、涙が止まらずずっと泣いていました。悲しくて悲しくてたまりませんでした。私は、今まで自分が強い人間だと思って生きて来ていたので、とてもショックでした。強く生きてきたはずだった私が、3人の子供すらもまともに育てられない人間だったのかと。なんて弱い人間だったんだと自分であきれてしまいました。病院では精神科医と話をし、その後もフォローアップが必要との事でした。血液検査の結果は正常だったので、しばらくして家に戻されました。その時以来うつ病解消の薬を飲み続けていますが、薬は直ぐに効き始め快適でした。ただやはり最初のうちは、誰かと何時もいないと不安で不安でたまりませんでした。

主人には以前から予定していた10日間程の日本出張がすぐにひかえており、一人で子供と一緒にいるには本当に心配で、と言うよりは無理だと思いました。その時、友人から9月の東海岸合同ファミリーキャンプに誘われ、周りの人達の協力もあり、息子3人と私とで参加出来る事になりました。とても有難いことでした。何かあっても一人じゃないという安心感で、夜もよく寝れました。キャンプ1日目は、普段の疲れもあり、一人でゆっくりと部屋で休養を取りました。2日目は、岩淵まことさんの“God Bless You” を聴き感動しました。歌声もさることながら、あの歌詞が自分の心境にぴったりとはまっており、そこに加えて神様の存在が入っていました。神様の存在に興味がある私ではなかったのですが、その歌詞によって、“もしかしたら、神様と私の関係とはこのような関係なのかな?”とか、“神様はこんな風に私を祝福してくれたり、守ってくれたりするのかな?”などと少し気になり始めました。不思議と、この曲は、クリスチャンではなかった私が一生聴いていく曲だと思いました。

3日目、キャンプも終盤に入ってきました。それでも、まだまだ私の心は神様に向いていませんでした。最後に岩淵まことさんが、また“God Bless You”を歌われ、ついに心が込み上げてきて大泣きしてしまいました。歌が終わるとすぐに、特に私を支えてくれた友人2人と大きなハグを交わしました。その間、人間というのはこんなにも心の底から果てしなく力強い感謝の気持ちが湧いてくるのかと思うぐらい、今までに初めての感謝の湧き出る力に驚きました。本当に驚くぐらいのパワーで、自分には無い何かの力が加わったような感じでした。ようやく涙も止まり、すべてのものが身体から出でしまったかのような感じになり、ぼーっとしていた時に奇跡が起こりました。太い空気のつつの様な物が喉の真ん中の方からゆっくりと喉の下の方に降りてきて、もしその縦のつつのラインが全ての正常を意味するならば、私の精神面と体力面はそのラインから遥かかけ離れた所にあり、まるでその2つの面がそのつつに引き寄せられてバシッとパズルのようにはめ込まれた様な感覚を感じました。ガシャッ、ガシャッとはめ込まれた音が聞こえたようにも感じました。すると男の人の声で、“あなたは、もう守られたので安心して下さい。”と聞こえてきました。その次に、胸の辺り一帯が暖かくなってとても心地よい気持ちよさを感じました。それが終わると、頭の先から爪の先まで全身がやさしさに包まれました。そのやさしさは、人間の力では出せない心地良さであって、何かに包まれたような感じというか、身体の全てが入れ替えられていた感じというか、何ともどういう風に伝えたらいいのか、とにかくとてもやさしく身体が宙に浮いたような気持ちの良い感覚を感じました。30秒ぐらいの体験だったと思います。一体あれは何だったんだろうと不思議に思いながらキャンプから帰りました。その数日後、その体験をクリスチャン夫婦に話したところ、その話に驚かれて、“それは聖霊様の働きです。”と言われ驚きました。正直に言って、聖霊様と言われてもあまり判らなかったのですが、それからその事について一日中考える毎日を過ごしました。考えて考えたあげくに、あれは神様だったのかと疑いなく認めることが出来、そして、またあの時の事を思い出しました。思い起こせば、あの時の一瞬にて、私は神様から最大の愛を頂き、強さ、やさしさ、友情、光、勇気など、人間が生きていく上で必要なもの全てを捧げて頂いたと確信しました。どんなにすばらしい人でもこんな事は出来る訳がありません。私は今までの人生の中で、この人は尊敬できる人だとか、こんな人に憧れるとか、あまり思ったことは無かったのですが、神様の存在は別格でした。神様は人ではありませんが、人だとするならば、こんなにすばらしい人が居るなら全身全霊を賭けて着いて行こうと思いました。着いて行かないと損をすると思ったり、いや、一歩も離れたくないとも思いました。そして、こんなに弱い人間の私が神様をいつも胸に持つことで、以前よりも楽な気持ちで、神様を通す事によって自分自身が強くなれている事を実感し、それに加え、平安と豊かさをも与えられている自分に驚かされます。

確かに以前の私は、一人で踏ん張っていたどころか、豊かさなど全く持っていませんでした。神様の力はこんなにも凄いものかと、想像を遥かに超え、何もかもが驚きでなりません。神様に出会ってから、今まで心の底から感じることの出来なかった“豊か”と言う言葉が大好きになりました。
最近いつも思うことですが、普段の生活の中で“偶然”はなく、神様が居るからこそそれが起こったんだと考えると、小さな事にも神様の存在を感じ、胸が高鳴る思いの感動を与えられます。神様は目に見えるものよりも目に見えないものを信じると言う事を教えてくれました。それは決して目の前から消え去る事がなく、いつも自分の中に存在してくれるからです。私は、いつでもどんな時でも神様と一緒です。そして、そこには暗闇も無ければ不安もありません。私にはすばらしい家族がいますが、神様はわたしの全てであり、私の救い主でもあります。今日に至るまで、神様はたくさんの人達を通して私を支えて下さり、いつも愛と恵みを注いでくれています。私は、これからの人生を神様と共に過ごせる事を喜びに思い、神様に向かって私はいつも心を全開にし、お祈りを捧げ、賛美していきます。

全てを主に感謝して。

月報2011年1月号より