私は6歳の時に、神様を信じました。The BRAVE(教会学校)でイエス様の十字架のお話を聞いて、神様の子供になりたくなりました。その時に母に話しました。
日曜日に教会から家に帰る車の中で、「ママ、咲は罪がある。・・・」
私の心に罪があった時に私の母とお祈りをして、イエス様を救い主と、信じました。
そのとき開いたみ言葉はヨハネの福音書1章12節です。
「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子供とされる特権をおあたえになった。」
イエス様が私の罪の代わりに十字架にかかってくれたので、私はイエス様に、「ごめんなさい。ありがとう。」とお祈りしました。

自分の聖書がほしかったので、日本のグランマーに電話をして、送ってもらいました。聖書の一番前に、「イエス様から目を離さないでいなさい。」(ヘブル12章2節)と、サインといっしょに書いてありました。
洗礼は、ずっと受けたかったのですが、大勢の前では勇気がありませんでした。
でも、今年のCAMP JESUSで洗礼を受けることを決心して、お祈りをしてもらいました。
7月から洗礼の準備の学びをしました。
そして、8月15日に洗礼を受けました。
緊張しましたが、うれしかったです。
教会のみんなからカードをいただいてうれしかったです。

アーメン。

月報2010年9月号より