アメリカに来て1年半、この教会に来るようになって約半年が経ちました。
生まれてからすぐに日本へ行き、それからずっと同じところに住んでいて、1度も「転勤」を経験したことのなかった私にとって、この引越しはすごく大きな出来事でした。

引越しが決まったのは2006年の秋頃、中学1年のときでした。父の仕事の都合上、いつかは必ずアメリカに引っ越すときが来る、というのは分かっていましたが、実際にそういうこととなると、そう簡単なことではありませんでした。
まずは転校したくないということ。しかも中学受験をしてやっとの思いで入った学校。ちょうど学校にも慣れ、楽しくてしょうがないという時に転校なんて、正直ありえないと思いました。しかし現実は現実。引越しの準備は着々と進んで行き、とうとう引越しはやってきました。初めて転校をし、たくさんの人との別れを経験しました。
また、新しい生活への不安とは反対に、同じクラスだった帰国子女の友達が英語をぺらぺらしゃべっているのを見て、「アメリカに行けばすぐに英語なんてしゃべれるようになる」単純にそう思って羨ましがり、わくわくしながらニューヨークの空港に着きました。

しかし、待ち受けていたのは、想像以上の苦労でした。
新しい学校、新しい友達、新しい環境、カルチャーショック。しかも英語がしゃべれないので、言いたいことも思うように言えず、かなり疲れていました。学校に行っても、日本人が何人かはいるもののなんとなく落ち着かず、毎日のように、日本に帰りたいと思っていました。改めて今までの友達の存在の大きさを感じました。
そして一番大きかったのは、教会がないことでした。
私が洗礼を受けたのは2001年クリスマス、小学校2年生のときでした。母がクリスチャンなので、小さいときから母に連れられて教会に行っていて、教会に行くのが当たり前のような感じでした。たくさんの人たちに囲まれ、神様の愛にあふれた生活でした。
引っ越して最初の頃は、母と一緒に近所のアメリカ人の教会にも行きましたが、なんとなく居心地が悪くて、それも何度か行っただけで行かなくなってしまいました。
それから約一年、教会に行かない日が続きました。まぁ日曜日に教会に行かないんだったら、友達とも遊べるしそれでもいいかなぁ、とか思っていました。
しかし、教会に行かない生活は今までと違っているような感じがしました。自分の中で教会の存在が大きかったことに改めて気づきました。
とは言っても、教会がない。アメリカ人の教会しかないかなぁ・・・。と思っていたとき、母がちょうどインターネットでこの教会を見つけてきて、行ってみることになりました。
初めて行ったときは緊張していましたが、行ったら中高生の人たちが迎えてくれて、すごく嬉しかったです。それから毎週通うようになりました。中高生の集会もあり、教会に来るのがすごく楽しく思えました。

そしてこの前の夏、一人で日本へ一時帰国したときのことです。ずっと帰りたいと思っていた日本。すごく楽しかったけど、1つ感じたことがありました。それは、時間は進んでいるということでした。前の学校に行ったとき、みんなすごく成長していて、自分は全く成長してないかのように思えました。また、教会にも新しい人、知らない人が増えていて、あ、やっぱりものなんだと思いました。一年以上も経っているのだから変わっていてあたりまえなのに、なんとなく寂さと焦りを感じました。
そんなとき、教会のこどもの祈り会でこの御言葉を聞きました。

主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める。祝福の源となるように。  創世記12:1、2

寂しさと焦りは消え、ふと、神様は何か意味があって私をアメリカに行かせたんだ、沈んでばっかいないで、今おかれている場所で頑張らなきゃいけないんだと思えるようになりました。

8月、アメリカに戻ってくると、Joy Joy Campとファミリーキャンプがありました。いつも以上に神様のことに触れることが増え、すごく祝福されたときでした。
また、キャンプを通して中高科のみんなとも仲良くなれました。学校にも友達はたくさんいるけど、やっぱり教会の友達っていいなぁと思いました。何でも安心して話せるし、何よりも、神様っていう共通点がある。すごく大事な存在です。

あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせるようなことはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えてくださいます。コリントの信徒への手紙一 10:13

すべては神様の計画であって、無駄になるようなことはひとつもない。もしここに引っ越してこなかったら、あのときこの教会を知ることがなかったら、すべてのことが今と全く違ったかもしれない。この、パズルのような道を神様はすべてまっすぐにして待っていてくださる。試練があっても絶対に乗り越えることができる。そして、今ここにいるのも神様の計画の内。
すべてを備えてくださり、導いて下さる神様に感謝します。

月報2008年12月号より