家紋、紋章、菊の御紋って?

日本人は冠婚葬祭用の着物や墓石などに、使う家紋。
ご実家が着物の染色をされていたSさんに語っていただきました。
平安時代に貴族たちが、自分の所有する牛車の区別のためにひと目で誰のものなのかが分かるようにしたことが家紋の始まりだそうです。


パスポートは菊のマークだそうです。
ヨーロッパの王室のデザインも種類多いですね。

立ちポーズのクロッキー、


クロッキー帳いっぱいに、大きく描けましたね。


絵を描いた後は、錦織先生から家宝についてのお話です。


ヤンキーズスタジアムにご家族で野球観戦に行った時に
松井のバットが飛んできたビデオを見せて頂きました。

こちらがそのビデオ。

こちらがそのバット。

錦織家の大切な宝物ですね!

でも、もっと大切なのは、私たちが神さまにとって大切な存在という話。
イエス様はすべてを投げ出して、私たちの事を、ご自分のものにしようとしておられるのですね。感謝。

今日の聖書箇所

マタイの福音書 13章44~46節

天の御国は畑に隠された宝のようなものです。その宝を見つけた人は、それをそのまま隠しておきます。そして喜びのあまり、行って、持っている物すべてを売り払い、その畑を買います。
天の御国はまた、良い真珠を探している商人のようなものです。高価な真珠を一つ見つけた商人は、行って、持っていた物すべてを売り払い、それを買います。

カウガール、天の神の栄光の皆既日食

今日のモデルさんは、乗馬大好きRさん、
ブーツとカウハットがお似合いです。


ブーツもカウガールハットも描くのは
難しけど、カッコ良いですね!


乗馬の魅力を語っていただきました!


身近なキッチン用品、輪郭のお勉強をしてから〜

描いた後の錦織先生のお話は、皆既日食を見に行ったスライドで
美しい写真を見せて頂きました。


バスケットボールが太陽だとしたら〜、
地球は4ミリ、その周りの月は10センチ離れて1ミリ。
そして、太陽と地球は40メートルも離れてる!
私達の小ささと宇宙の偉大さを感じました。

聖句
『天は神の栄光を語りつげ 大空は御手のわざを告げ知らせる。』
詩篇19篇1節

フラワーコーディネーターTさんと薔薇、3月の花を描く

お花の季節ですね、
今月はガーデンコーディネーターや
フラワーアレンジメントを指導しているTさんに
薔薇の花束を持ってきていただきました。

薔薇の花を描きましょう。最初はひらがなの「の」の字から〜


M a r c h という英文字もお花にしてみましょう。
春の画面になってきましたね。


薔薇の花束とTさんを描きましょう。


まずは全体のバランスを〜良く見てみましょうね。

錦織先生からお花を育てているお話、自然の恵みへの感謝の気持ちや
プレゼントする気持ちの愛についてお話ししていただきました。

本日の聖書箇所
“人が自分の友のためにいのちを捨てること、
これよりも大きな愛はだれも持っていません。”

ヨハネの福音書 15章13節

世界の小澤征爾先生を偲んで、描く。

描く事により、今まで見えないものが見えてくる事、
観察するようになる事ってありますね。


画面を縦横4x4に分割して、写してみましょう


音楽が聞こえてきそうですね。


知っているキャラクターも見ないで描いてみると、難しい〜ですね。
よーく見て描いてみましょう。

実技の後は、錦織先生による聖書のお話です。
今日の聖書箇所は

こういうわけで、いつまでも残るのは信仰と希望と愛、これら三つです。
その中で一番すぐれているのは愛です。
コリント人への手紙 第一 13章13節

私達の教会でよく歌っていた讃美歌の生まれた背景を聞き
歌詞のように、神様から愛されている事をあらためて感じました。

「君は愛されるため生まれた 
君の生涯は 愛で満ちている
永遠の神の愛は
われらの出会いの中で実を結ぶ
君の存在が 私には
どれほど大きな喜びでしょう
君は愛されるため生まれた
 今もその愛受けている」

人物クロッキー、先生モデルお願いします!

人物を描くのは、難しいと思いますが、
まずは丸い顔と四角い身体でバランスを考えてみましょう。


スーツ姿が素敵ですね。


皆様、ハンサム描いてくれて、ありがとうございます。


皆で作品を見せ合うのも楽しいですね。
日常から離れて集中できる時間って本当に大切だなって思います。

モデル終わって錦織先生、聖書のお話をお願いいたします。

—– —– —– —–
今回はモデルをさせていただきながら、自分の今までの歩みについてお話をさせていただきましたが、自分にとって転機となった出来事はこの聖書の言葉に表されています。

キリストは私たちのために、ご自分のいのちを捨ててくださいました。それによって私たちに愛が分かったのです。(ヨハネの手紙 第一 3章16節)

親からの愛を受けてきました。周りの人々の愛も受けてきました。しかし、本当に愛されていることを実感したのは、自分のような者のためにいのちを捨ててくださった方がおられたのだ、ということが分かった時でした。

3色の絵の具、水彩画で雲を描こう!

皆で、今年最後のクロッキー教室 を楽しみました。
絵の具と戯れアーティストになって、この1年に感謝しました。


色の3原色、赤青黄色の絵の具でだけで、たくさんの色が出来ますね。


白い絵の具を使わないで、雲って描けるのですね。


自分の心に広がる空のイメージを、思いっきり描いてみました。

アーティストになった後は、錦織先生から聖書のお話です。


もうすぐ、クリスマスですよね。

世界で初めてのクリスマス。2000年前にイエスがお生まれになったとき、天使が羊飼いに告げました。

「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」
ルカの福音書 2章11~12節

この「しるし」というのは、目印である以上に「シンボル」です。
「イエスは飼い葉桶をシンボルとするような救い主だ」という意味です。
普通、「救い主」というと力のあるヒーローのような存在だと思います。当時のイスラエルの人々も、自分たちを支配しているローマ帝国をやっつけてくれる救い主を待ち望んでいました。でも、イエスはそのような人々の期待を裏切り、低く歩まれた方です。弱い小さな者たちと共に歩まれ、世の中で軽んじられている人々に目を留められました。

イエスはそのような方です。今も、私たち、小さき者たちと共に歩み、落ち込んでいる者たちや悲しんでいる者たち、自己嫌悪に苛まれている者たちに目を留めて、共に歩もうと招かれています。

この救い主の招きに応えて、感謝して、イエスと共に歩んでいきましょう。

オリジナルキャラクター、模写しよう!

絵の模写をする時には、画面をタイルのように区切ってから
位置を確認しながら描いてみましょう。
リラックスしてゆっくりひとつづつ楽しみましょう。


四角の中に線を移してていると、キャラクターのコピーが出来ますね。


頭を柔らかく、輪ゴムのように柔軟性をもって、
形を描いてから〜それぞれのキャラクターも出来ましたね!


個性的なアート作品を見せ合いっこも楽しい!


個性的な文字で〜今日の聖書の箇所

錦織先生からの聖書の聖書のお話です。

今日の聖書箇所は啓茶さんが芸術的な文字で上に書いてくださいました。

もうすぐ、Thanksgivingがやってきますね。Thanksgivingは日本語では「感謝祭」です。「感謝」するときです。

今日は感謝の2つのレベルについてお話ししましょう。

第一段階は「感謝すべきことを数える」です。私たちは感謝すべきことを忘れがちです。「ありがとう」という日本語は「有り難う」で、「あまりないこと」ですから、反対語は「当たり前」です。私たちが自分の周りに起こっていることを当たり前だと思っていると感謝できないですね。与えられているもの、状況、一つ一つ感謝しましょう。

第二段階は「感謝できないことも感謝する」です。聖書にあるように「すべてのことに感謝する」のです。自然に感謝できないことも、「感謝できるようにしてください」と神に求め、神さまの導きを信頼して、敢えて感謝するのです。

名画の作者は誰?3つに分けて模写しましょう!

9月はアートの季節の始まりです。NYの美術館も画廊も展覧会が始まります。
メイウッドの教会からも熱い情熱!
どっちの絵がゴッホ?セザンヌ?ゲームを楽しみました。

有名画の人物カードの絵合わせをしました。

好きな絵を模写してみましょう。


3つに区切って頭、胴体、足〜、バランスどうですか?
夏休み何してた〜?久しぶりの人達ともおしゃべりできました。

絵に集中した後は、錦織先生による聖書のお話です。

今日はマタイの福音書25章31−40節を読みます。
人の子は、その栄光を帯びてすべての御使いたちを伴って来るとき、その栄光の座に着きます。そして、すべての国の人々が御前に集められます。人の子は、羊飼いが羊をやぎからより分けるように彼らをより分け、羊を自分の右に、やぎを左に置きます。それから王は右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世界の基が据えられたときから、あなたがたのために備えられていた御国を受け継ぎなさい。あなたがたはわたしが空腹であったときに食べ物を与え、渇いていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、わたしが裸のときに服を着せ、病気をしたときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからです。』すると、その正しい人たちは答えます。『主よ。いつ私たちはあなたが空腹なのを見て食べさせ、渇いているのを見て飲ませて差し上げたでしょうか。いつ、旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せて差し上げたでしょうか。いつ私たちは、あなたが病気をしたり牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』すると、王は彼らに答えます。『まことに、あなたがたに言います。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、それも最も小さい者たちの一人にしたことは、わたしにしたのです。』(聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会)

イエスは世の終わりに、人々を二つに分け、一方の人々に語られます。「あなたは私が苦しんでいる時に手を差し伸べてくれたね,ありがとう」と。でも、その人々はポカンとして、「いえ、私はそんなことをした覚えはないです」と答えます。それに対して、イエスは言われるのです。「これらの最も小さい者のひとりにしたのは、私にしたのと同じだよ」と。

クロッキー教室がお休みだった8月、私たちはこのクラスに来られていた1人の方を天に送りました。突然のことで本当に驚きでしたし、またとても悲しい別れでした。しかし,今、その方は神さまの御許で安らいでおられる事でしょう。

その方はまさに、この聖書に出てくる人々のような方でした。弱い方、世の中では人の目になかなかつかない人々に心配り、声をかけ、支えてこられました。イエスはその彼女のあゆみに目を留めて、喜んでくださっておられるでしょう。

私たちも、周りにいるお互いのために、世の中では見逃されてしまうような人々のために、心を配り、愛を注いでいきましょう。

お絵かきゲームして、瓢箪を持つサマーガール!

夏っぽく帽子姿で達ポーズのモデルさん、
お父様の作品の瓢箪などをご披露いただきました。
瓢箪の栽培をしてから、こんな素敵な作品を作り、
子供達やお友達へのプレゼントだそうです。


ご実家は手作り作品に囲まれて、博物館のようですねっ!


タイトルは「瓢箪を持つサマーガール」
片手に瓢箪を持っています。


描く人だけがお題を見て、即興で描き、
お題を当てるお絵かきゲームも盛り上がりました。

ーーー錦織先生の聖書のお話ーーー

私は7月上旬に、西海岸やハワイの10くらいの教会が集まる集会に招かれて久しぶりにカリフォルニアに行ってきました。今から31年前のちょうど今頃、アメリカにやってきたとき、最初に住んだのがサンディエゴで、赤茶けた山々を見ながら、大変なところに来てしまった・・・と思ったものです。

しかし、このカリフォルニアの天候、実は聖書の書かれたイスラエル・パレスチナ地方とよく似ているのです。夏は乾燥して、草も枯れてしまい、冬から春にかけて、それほど冷えずに雨も降り、花が咲くのです。

聖書のいろいろな記述の中で、その地理的背景を知ると意味が変わってくることが時々あります。その一つが詩篇の23篇です。

主は私の羊飼い。
私は乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させ
いこいのみぎわに伴われます。

私達はこのような聖書の箇所を読むと、なだらかな緑の丘で草を静かに草を食べている羊の群れ、そして、その羊たちをのんびり世話している羊飼いたちを思い浮かべます。しかし、聖書の書かれた地域の羊飼いは夏に草が枯れるような過酷な状況の中で、羊たちを養い、オオカミたちから守っていたのです。

神が私達を守り、養ってくださるということも、そういうことです。困難がない、安穏とした日々を与えてくれる、というのではなく、困難の中でも、私達を守り、支えてくださるのです。

タイトルは「三線を弾く女」・紙の立体

今日のモデルさんは、三線を持参してくれました。
三線の音と楽しいおしゃべりもそのままクロッキーしたいですね。


描き出す前に、人物の半分は、どこか?
全体のプロポーションを良く観察しましょう。


正面は難しいけど、膝をしっかり描いてみましょう。


紙とテープ作った立体を描いてみましょう。


自分だけの形、ユニーク大賞は誰ですか?

絵を描いた後は、錦織牧師から聖書のお話です。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

今月は誕生日が来て、次の大台に乗りました。
ここまでの歩みを振り返って、神さまが守り導いてくださったことを感じています。

聖書にはこんな言葉があります。

あなたの目は胎児の私を見られ
あなたの書物にすべてが記されました。
私のために作られた日々が
しかもその一日もないうちに。

詩篇139:16

アメリカに来たこと、道が閉ざされて、半ば失意の中で、NJに来たこと。でも、NJに来て、この教会に出会って、ここで歩ませていただいていること、それも神さまの導きの中にあったことを感じています。

そして、ここまで導いてくださった神さまは、これからの歩みも導いてくださると信じています。

積み木を描き立体を意識してから人物画

積み木を描いてみましょう。
見えない部分も描いてください、形がつながりますか?
手前の線が長くて奥の線の方が短いという遠近法の法則も意識してみましょうね。

タイトルつけるのも頭の体操になります。
人物の体も積み木のように考えると、首が安定しますね。


まず、頭の位置と大きさを決めましょう。
そして、エアードローイングしてからリラックして描きましょう。


「美人に描いてくださいね」モデルさんからのリクエスト、
個性豊かな作品ができました。

絵を描いた後は、錦織牧師から聖書のお話です。

———–

卒業式シーズンで新しい道を踏み出した方々もおられることでしょう。
そして、私自身もこれからの道を考えるときにきていると思います。
どのような道を選ぶとしても、すべての人が歩んで欲しいと神が求めておられる道があります。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」(ヨハネ14:6)

イエスは「私が道を教えよう」ではなく、「私が道である」と言われました。それはイエスが十字架によって、私たちの罪を負い、神への道を開いてくださったからです。私たちもこの道を選び取って、歩んでいきましょう。

クロッキー的発想で……「April」を絵に!

「April」、意味は4月で春のイメージ。でもよく見れば5つのアルファベットがいろんな線や形を描いてならんでる。それをよーく見ていると何かに見えてきませんか。今日の最初の課題は、「このアルファベットに自由に線や形を加えて、自分の思う絵を描いてみましょう。」

 

時間をかけずに思いつくまま手をうごかしてみましょう。こんな楽しい世界が生まれましたよ。生徒さんの作品。

2つ目の課題は人物画のクロッキー。時間は10分くらいで、ダーマトグラフという濃い色の鉛筆で描きます。そして、一枚の紙の中に上手く収めるためには、何よりバランスが大事。鉛筆を使ったり、デザインスケールをつかって位置を決めてから描き始めます。

啓茶先生の的確な指導で、いつのまにかみんなコツを覚えていってるようです。最後に、みんなで作品を見せ合うのも楽しい時間となっています。

 

絵を描いた後は、錦織牧師から聖書のお話です。

_________ ***** __________

私は教会で育ちましたが、高校生の時に「本当に神はおられるのだろうか?」と悩んだこともありました。その時に、私は自然界の中に神の存在を感じました。木の葉の葉脈を見ながら、これを神が造られたのだと、受け取ることができました。

 

聖書の中にはこのような言葉があります。

 

なぜ着る物のことで心配するのですか。野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。働きもせず、紡ぎもしません。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも装っていませんでした。今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるのなら、あなたがたには、もっと良くしてくださらないでしょうか。(マタイ6:28-30)

 

神はこの自然界を造られただけではなくて、今も、自然界に心を向けて、野の花を着飾らせてくださる、それ以上に、あなたのことも心にかけておられるんだよ、だから、心配しないで大丈夫だよ、というのです。

 

神様は私たちのことを心にかけておられます。ですから食べるもの、着るもの、心配しないで、神様を信頼していきましょう。何よりも、神様に愛されていることを感謝して歩んでいきましょう。

 

錦織牧師

 

🍌バナナアート、やって楽しく食べても美味しい芸術🍌

日本のテレビ番組「プレバト」をご存知ですか。俳句を中心に、水彩画、消しゴムハンコ画、シャッター、絵手紙、盛り付け、生花、貼り絵・・・など芸能人が素晴らしい才能を見せてくれる番組です。今日はMさんが、その中から家族みんなですぐに楽しめるバナナを使ったアートを紹介してくれました。

色鉛筆画も素晴らしいアート‼︎  プレバトの作品を見ながら、 色鉛筆の選び方で絵の具の3原色とは違う発色のおもしろさも説明してくれました。

バナナにいきなり針や爪楊枝でチクチク描き始めます。バナナの使い方は自由、縦、横…。色の濃さは、針を刺す数や深さ、時間によって変化します。

可愛い動物たちが現れました。・・・「才能アリ‼︎💕」・・・

今度はバナナとお皿を見ながら、発想を自由に飛ばしてクロッキー画!

啓茶先生とみんなの作品を鑑賞しコメントをいただきました。

誰にでも簡単にできるバナナアートは、五感でアート能を刺激してくれると思います。是非一度お試しあれ!!

続いて錦織先生の聖書のお話です。

———–

最近、家族から「テレビの音が大きい」と言われることが増えてきました。ずっと「単なる好みの問題だろ・・・」と思っていたのですが、昨日、他の集まりで「ん?右の耳で聞くときと、左の耳で聞くときで聞こえ方が違う・・・」と気がついたのです。

それで、今朝アプリで「聴力検査」を探して、試してみたら、なんと「高度難聴」!お医者さん行かねば・・・と思っているとこです。(その後、静かなところで落ち着いてテストしたら、そこまでは悪くないようですが、ちゃんと調べないといけないですね・・・)耳を大切にしないといけないですね。

そこで、今日はこの聖書の箇所を紹介したいと思いました。

マルコの福音書 7章31~37節

イエスは再びツロの地方を出て、シドンを通り、デカポリス地方を通り抜けて、ガリラヤ湖に来られた。人々は、耳が聞こえず口のきけない人を連れて来て、彼の上に手を置いてくださいと懇願した。そこで、イエスはその人だけを群衆の中から連れ出し、ご自分の指を彼の両耳に入れ、それから唾を付けてその舌にさわられた。そして天を見上げ、深く息をして、その人に「エパタ」、すなわち「開け」と言われた。すると、すぐに彼の耳が開き、舌のもつれが解け、はっきりと話せるようになった。イエスは、このことをだれにも言ってはならないと人々に命じられた。しかし、彼らは口止めされればされるほど、かえってますます言い広めた。人々は非常に驚いて言った。「この方のなさったことは、みなすばらしい。耳の聞こえない人たちを聞こえるようにし、口のきけない人たちを話せるようにされた。」

この人は耳が開かれたときに舌のもつれも解けた、のです。

この順番が大切です。

何を聞くか、ちゃんと聞いているかによって、語る言葉が変わります。どんなインプットがあるかによって、どんなアウトプットが生まれるかが変わるのです。

積極的な励まされる言葉を聞いていれば、そのような言葉が自分の口からも出てくるのです。神様からの愛の言葉、励ましの言葉をいつも聞いて、人を励まし生かす言葉を出す者とならせていただきたいですね。

———–

NYCのアート: エドワード ホッパーの愛するニューヨーク

今月は、アメリカNJ出身のアーティスト、エドワード ホッパーを啓茶先生が紹介して下さいました。現在NYCホイットニー美術館でEdward Hopper’s New York 展が開催中。先週啓茶先生が見てこられ、そのデッサン力にあらためて魅了されたそうです。光と影、空間の使い方、人物や建物….。確かなデッサン力に裏打ちされた画集の作品群は、彼の穏やかな性格が現れ、見る人々を20世紀初期のニューヨークの世界に優しく誘ってくれるようでした。

今日のクロッキーは、エドワード ホッパーの妻のデッサンを参考に、人物の上半身を描く練習です。

人物画のモデルは、本当のモデル8頭身のKさん。上半身だけなのは画面に入りきらないから?

まずはバランスをよく見てから書き始めましょう。

Zoomで参加の皆さんも、特徴をよくとらえて素晴らしい!!

 

クロッキー教室で右脳を使った後は、錦織先生の聖書のお話です。

————

年末になると清水寺で1年を振り返って「今年の漢字」って発表されますが、わたしも2023年を始めるに当たって、「今年の漢字」を考えてみました。

それが・・・

「浸」

ちょっと、なんで?と思うかもしれませんが・・・

まだ日本にいたときに、とてもお世話になった牧師さんがこんなことを言われていました。

「自分が穴あきバケツみたいに感じることはないか?汲んでも汲んでも水が漏れてしまう、役に立たない穴あきバケツみたいだなあ、と思うこと。でも、そんな穴あきバケツに水をいっぱいにする方法があるんだ。分かるか?」

・・・・うーん、穴を塞ぐ?

「それって、なかなか難しいよな、もっと簡単な方法がある、それはその穴あきバケツを水がいっぱい入ったもっと大きな水槽にドボンとつけてしまうことだよ」と。

なんかだまされたような気がしましたが、牧師さんは続けました。

「その大きな水槽の水は神様の大きな愛、そこにドボンと浸かってしまうことで、私たちの心も満たされるんだよ」と。

そんなことを思い出して、今年は「浸」でいこうと思いました。

心が渇いてしまったときには、神様の愛にどっぷりと浸かって、満たして頂きましょう。

マタイによる福音書11章28-30節

<新改訳2017>
「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

<The Message訳>
Are you tired? Worn out? Burned out on religion? Come to me. Get away with me and you’ll recover your life. I’ll show you how to take a real rest. Walk with me and work with me—watch how I do it. Learn the unforced rhythms of grace. I won’t lay anything heavy or ill-fitting on you. Keep company with me and you’ll learn to live freely and lightly.

たった3色で水彩画自由自在、ウサギのイラストも!

今年最後のクロッキー教室は絵の具を使って楽しみました。
皆さん、童心に返って夢中で色を作って、水彩画の世界を楽しんでいました。


色の三原色である赤、黄、青だけ使って沢山の色ができますね。

水彩画体験で木や雲、色々描いてみました。

3色で描くカラフルな世界、Eさんの世界観ステキ!

ウサギの簡単な描き方、卵の丸をちょっ斜めに描いてから、耳と目鼻を描きましょう。シッポも忘れずに!

クロッキー教室で絵を楽しんだ後は、錦織先生の聖書のお話です。

今日は色の話がありましたが、クリスマスのシンボルカラーといえば「赤」と「緑」ですね。どうして、「赤」と「緑」なのでしょうかね。

よく言われるのは「赤」はイエスの十字架で流された血を表し、「緑」はそのイエスの十字架によって私たちに与えられる「永遠の命」を表しているというものです。

その2つの意味を表している聖書の箇所があります。「聖書全体を一つの節で説明するとすると、この聖書の箇所なのではないか」とよく言われる箇所です。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。
それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書 3章16節)
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

神様は、私たちのためにイエス・キリストを与えてくださったのが、クリスマスです。しかし、イエスは単に人々を教える教師であったのではなく、私たちのために十字架で命を与え、そして、私たちが生き生きと生きていくことができるように、私たちの罪を代わりに負ってくださったのです。

2023年もご一緒にアートを楽しみましょう。
メリークリスマス&良いお年を!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の好きな絵シリーズ 「ウォルト・ディズニーの世界に魅せられて!!」

今月は、ディズニーワールドをこよなく愛すTさんが、その世界の奥深さを紹介して下さいました。

だれもが一度は行ったことのあるディズニーランド。物語やキャラクター、アニメ、映画は身の回りにあふれています。Tさんも幼いころから、「ディズニーのものは殆ど」と言うほど見て育ったそうです。そして、そのディズニー愛は、お子さんたちにもしっかり伝わっているようですね。今日は、クロッキーのモデルとなるたくさんの可愛いぬいぐるみを持ってきてくださいました。

 

国際的な大企業に発展したウォルトディズニーカンパニは、画才も商才もあるディズニー兄弟の共同で設立された会社です。

 

 

キャラクターがウサギからねずみに生まれ変わった秘話は、ディズニーワールドが「遊びに来てくれる人達を心から楽しませてくれる場所」であることの出発点のようなものでした。このねずみのキャラクター”ミッキー”は、天才アニメーター、アブ・アイワークスによるデザインだそうです。

 

 

可愛いぬいぐるみを色々な角度から書く練習です。

 

ご夫婦で何やら相談?

 

プロの画家がモデルを見るシビアな視線!今日の後半は人物像、モデルはぬいぐるみを持った錦織先生です。

 

 

Zoomで参加の方の作品をみる先生二人。錦織先生に似ているかな。

 

 

 

聖書のお話  :  錦織牧師 

今年ももう来週、サンクスギビングですね。

聖書の中にこんな言葉があります。

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべてのことにおいて感謝しなさい。

テサロニケ人への手紙第一51618

アメリカのサンクスギビングは、大西洋を渡ってきた100人ほどの人々が厳しい航海と、厳しい冬を越えて、半分くらいの人々が亡くなる中で、翌年、原住民の助けも得て、豊かな収穫を得て、神様と原住民に感謝をしてお祝いしたのが始まりだと言われます。

私たちが歩んでいる中で、困難があるけれども、周りの人や神様に感謝することが大切です。

そして、すべてのことを感謝しなさい、とありますが、その「すべてのこと」について、ただ、「すべてに感謝しています」ではなく、一つ一つ、具体的に思い巡らせていくことが大切です。

今年もサンクスギビングの時、楽しい一時を過ごされると思いますが、その中で、感謝すべきこと、具体的に思い出して、具体的に感謝を表してみてください。

以上

 

「October!」 発想を飛ばそう!!

今月のテーマは「October!」。「October」と聞けばまず「秋」 を連想しますよね。でも今日は言葉の意味にとらわれず、この7つの文字からのイメージを膨らませてみました。クロッキーは、時間をかけずに書くことも大事。手の動くにまかせて書いてみましょう。

October!文字一つ一つの形、何か見えてきた?

文字の組み合わせでイメージを膨らませよう。

 

後半は久しぶりに人物デッサン。モデルは日本から遊びにいらしている、Iさんのお母さま。人生初のモデル体験をされながらいろんなお話をして下さいました。Yさん作のクロッキーはそっくりでお母さまも大感激!! いい思い出になったと喜んでくださいました。

”Mrs. YS” Yさん画⇓

 

聖書のお話:錦織牧師

今日は「October」をから絵を描くというお題でしたね。
それで、私も自分にとって大切なものは何だろうなあ、感じで考えてみようかな、と思いました。
それで、漢字一文字とは行かなかったのですが、「受け入れられる」という言葉が心に浮かびました。
自分にとって、「受け入れられている」という感覚こそ、力の源であり、安心して自由に振る舞える土台だと思わされたのです。
そこで、聖書の中にそのような言葉があったかな、と思って、見つけたのがこの言葉です。
「神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心をかろしめられません。」詩篇51:17
 「砕けた魂」とは、自分の弱さや愚かさを思い知らされて、落ち込んでいる心です。そのような状況の中でも、いや、そのような心だからこそ、受け入れてくださるのです。
人間関係の中で受け入れてもらうこともとても嬉しいことです。でも、私たちの他人に見せられないところも含めて、すべてをご存じの上で、神様は私たちのことを受け入れてくださるというのです。嬉しいですね。感謝していきましょう。
                                   以上

私の好きな絵シリーズ「ハワイの画家、Heather Brownのご紹介」

 

今回とりあげたのは、“Rip Curl ”を描くハワイの画家、Heather Brownです。

“Rip”はサーファー用語で波の大きなうねりが上部で崩れていく様子を表しています。彼女の描く波は、サーファーの作者が波の中でみた瞬間を表す独特の世界のようです。

海の大すきなEさん。ご主人との出会いもシュノーケリングとか。

日本のお家のインテリアもビーチリゾート風。ある日デパートの展示会でHeather Brownの絵に出会って一目ぼれされたそうです。

シュノーケリング中の娘さんたち ↓

夏の思い出をそれぞれで描いてみましょう。

—————-

聖書のお話。

今日は皆さんにこの聖書の言葉を紹介させていただきたいと思いました。

「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。」

マルコの福音書 12章31節

今度の日曜日、また9月11日がやってきます。21年前のこの時、世界は本当に平和に見えました。私自身は3人目の子どもが生まれて、日本から母が助けに来てくれて、日本に送り返して、ホッとした週末明けの火曜日でした。とても爽やかな、気持ちのいい晴れの日でした。

しかし、あのテロリストによる攻撃によって、世界はガラッと変わってしまいました。悲しみと怒りが人々のうちにあふれました。

今までの私の大好きだったアメリカのオープンさが一気に変わりました。 “retaliation”「復讐」という言葉が何度も大統領の口から飛び出してきました。世界の平和を守ることよりも、アメリカのプライドを守ることの方が大切であるかのような言葉が飛び交いました。「テロリストたちは、この行為の報いを必ず受けなければいけない」リーダーたちは口々に叫びました。それに対して疑問を挟む人々は、非国民、というレッテルを貼られる空気でした。

テロリストのアメリカに対する憎しみの恐ろしさ、そのもたらす結果のおぞましさ、愚かさを私たちは目の前にしました。それに対して、傷ついた人々が一つになって立ち上がろうという思いも見えました。しかし、それと共に、世界が憎しみの連鎖に飲み込まれてしまうような恐ろしさを感じないではいられませんでした。

それから21年経ちましたが、世界を取り巻く空気は何も変わっていないように思います。それ以上に分断が広がっているようにも感じます。

だから、この聖書の言葉が今日も大切だと思うのです。

「自分を愛するように、隣人を愛しなさい」「自分を大切にし、家族や友人を大切にするように、もっと周りの人々を大切にしなさい」今日も問われていると思います。

私たちを愛してくださった神様の愛を感謝して、私たちも、一歩踏み出して、愛を表していくことができればと思わされます。

————-

顔と身体、どうつなげる?

顔は卵の形、肩から胴は箱の形で描いてみましょう。
箱の向きを工夫すると…どうですか。つながりましたか。
写真はゴッホの人物画。
しっかりバランスが合っているので自然に見えますね。

今話題の大谷選手をモデルにしてみましょう。
卵と箱のつなげ方で動きが出てきますね。
どんなに動いても、基本の骨組みをしっかり捉えていたら、
スイスイ描けていきますよ。

イケメン大谷選手の顔が身体にちゃんと繋がっていますか?

実技の後は、錦織先生による聖書のお話です。

————

イエスのところに子どもたちを連れてきた人たちがいました。
イエスの弟子たちは、「こんなところに子どもたちを連れてくるな」とその人たちをいさめました。
その時、イエスはどのように反応したと思いますか?
「まあ、そこまで言わなくても、いいじゃないか・・・」ではなかったのです。
イエスは弟子たちに対して「憤った」というのです。
そして、こう言われました。
「よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない。」
マルコによる福音書10章15節
あなたがたの方が、子どものようにならなければいけないのだよ、というのです。
これは、「子どもたちが親を信頼して、身を委ねているように、あなたがたも、神を信頼して、神に身を委ねることが大切なのだよ」ということです。
私たちはいつの間にか、大人のプライドに縛られていることはないでしょうか?
子どもたちのように単純に神様の愛をそのまま受け入れて、感謝して、その愛に身を委ねていきましょう。
——

 

 

 

 

顔を描くのも卵から‼︎⁇

ピカソの母子像を模写してみよう

この2枚ともあのピカソの絵なんてビックリ!
ピカソも完璧な描写力で母や子供の顔を描いている時期があったのですね。
今日は、“卵”を意識して顔を描く!という技を教わりました。“卵の球形”に線を引いて、顔を描いてみましょう。
今日から、私達もゆで卵を切る時にも“顔のライン”を意識してみませんか?
卵に線を描いてみましょう。
頭も卵と思って下さい。
色々な方向から見てみましょう。
お母さんの顔が優しく模写できましたね。
顔を描くのが楽しくなりますね。
実技の後は、錦織先生による聖書のお話です。
—-

今日は顔を描きましたが、お札にはよく肖像画が描かれていますね。
昔から、コインにもよく肖像が刻まれていました。
聖書の中に、イエス様が「ローマ帝国に税金を払うべきでしょうか?」と聞かれたことが記されています。私たちは税金を払うこと、大切ですよね。公共の設備やサービスが充実するために大切なことです。でも、イエス様の時代、征服者であるローマ帝国に税金を払うことに反発する人もたくさんいたのです。
それに対して、イエスは答えられました。
「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい。」(マタイ22章21節)
イエスは「ローマのコインに皇帝の肖像が刻まれているのなら、ローマに税金を払いなさい、そして、それよりも、神の肖像が刻まれているあなた自身、神のもとに帰りなさい」と言われたのです。
私たち人間は神のかたちに造られたものです。
「神は自分のかたちに人を創造された。」(創世記1章27節)
神のかたちに造られた私たちは、神と共に歩むときに一番満たされて、自由に生きることができるのです。

工具や部品、身近なものがアメリカンポップアートに変身‼︎

 今回は、ハリケーンサンディで倒れた木から作られた数々の家具や装飾品、そして伝統の鎌倉彫紹介。さらに自動車の部品や修理に使う工具が、なんとアートの素晴らしい素材だというポップなお話しです。

こんな所にもあったアートの素材‼︎  Oさんの見事な道具や車のパーツ🚗


倒木から素晴らしい家具や装飾品を切り出すOさん。
鎌倉彫も紹介して下さいました。


今日もZoomでもたくさんの方が参加して下さいました‼︎


ウクライナ色のツール。この力強さを出すにはどう表現するか…。


立体感を出すためにはどうすれば….
この一手を加えることでツールが生きてきますね


かわいい未来のアーティスト👨‍🎨 ママと一緒に楽しみました🏎

今日の聖書のお話は、イエスが十字架にかかり死からよみがえられた意味についてでした。
詳しくは⬇️からどうぞ。
————————————
今年のイースターは4月17日でした。
あれ、去年はもっと早かったのような気がするけど・・・という方もおられるでしょう。実は、イースターは、「春分の日の次の満月の次の日曜日」と決まっていて、毎年3月20日頃から4月20日頃の間で変動するのです。

イースターはイエスがよみがえられたことを記念する日です。

聖書にはこのような言葉があります。

「死は勝利にのまれてしまった。死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。死よ、おまえのとげは、どこにあるのか。」第一コリント15:55

私たちにとって、死とは最大の敵であり、最後の敵です。その死はどうしてこの世界に存在するのかというならば、それは私たちの罪ゆえだと聖書は語っています。その罪の問題を解決するために、イエスは十字架にかかって、私たちの罪を背負って死なれました。そして、それから三日後に、死を打ち破ってよみがえられてよみがえられたのです。ですから、私たちにとっても、死はもう恐れるべきものではなくなったのだというのです。

ですから、私たちがイエスの十字架と復活を自分のためだったと信じる時に、私たちは罪赦され、死をも恐れなくて良くなるのです。

自然界に命のあふれるこの季節、私たちの心にも神様の命をいただくことができますように。