今時々思うことがあります。 それは僕がクリスチャンになるなんて思ってもいなかったということです。日本で生活している時は、宗教について考えもしませんでした。どちらかと言うと宗教と言うものについて偏見を持っていました。やはりオウム真理教などいろいろ怪しい宗教が周りにあったせいか、神様の存在を信じている人達を白い目で見てきたように思います。実際にぼくの中では、神様を信じる人は弱い人間で、そういうものに頼らなければ何もできないような人だと言う解釈がありました。

その当時の僕は、いつも何かが足りないような感じがしていました。何か心にポツンと穴の空いたような、満たされていない感じがいつもしていました。そして自分の心を満たす為に、いつも自分勝手に自分のやりたいことをやって両親、それから周りの友達に迷惑をかけていました。とにかく自分の好きなことをやって楽しければ自分の心は満たされると思っていました。そんな状態でアメリカに来て、困難なことに出会い、精神的、それから肉体的な疲れや淋しさによって、今までに無く、心が満たされていないのを感じました。

そんな時、ミシガンで僕は、素晴らしいクリスチャン・ファミリーに出会いました。その人たちは、いつも僕の事を家族の一員だと言ってくれ、そしてそれは口だけのものではなく、本当に息子のように扱ってくれました。そうやってクリスチャンの人達と接することによって、僕の中にあった、宗教に対する偏見が無くなって行きました。そして教会に毎週行くようになって、キリスト教について少しずつ理解を深めました。

ミシガンを離れることになり、そしてニューヨークに来て、もうあまり教会に行く機会もないだろうと思っていましたが、そんな時ハンターカレッジでのクリスチャンフェローシップの張り紙が目に入ってきて、そして教会にまた導かれ、イエス・キリストを僕の救い主として受け入れることができました。

その決心ができた時、僕の心は、今まで感じることのできなかったものを感じることができました。今まで凍り付いていたものが解けた感じでした。そして、今まで満たされることの無かった心が満たされました。主は僕のような者を愛してくれているのだと言うことに気づき、そして、その愛がとても大きなものだと言うことを心で感じることができました。

最近、今の自分と以前の自分を比べてみると、人のことを愛せるようになったと思います。 以前の自分は表面的な付き合いしかしていなかったように思います。友達の事を本気で心配したりしたことはありませんでした。でも今は、友達に困難がある時、心が痛みます。 そして友達に何か良いことがあった時、自分の事のように嬉しくなります。やはりこれは、主が僕の事を愛してくれているからだと思います。

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」

マタイ五章三節

月報1998年8月号より