絵本作家のWint さんの絵を紹介しました。
子供達に絵本を見せたくて沢山の絵を描いてきました。
82歳の誕生日にその子供達が お母さんの為にNYで個展を開催しようと、ウェブを通じて私の所に連絡届きました。
そんなご縁で私の手元に彼女の作品が1点あります。絵を描く人の気持ちを理解しながら絵の鑑賞をすると楽しいですね。
犬の絵は、私の大好きな作家の黒田征太郎さんの絵です。黄色の使い方が最高ですね!
1枚の紙を一箇所破っテープで貼って、立体作品を作って描いてみましょう。
もう一箇所破って折って、隣の人へプレゼント、
更に手を加えて隣の人へ、何に見えてきましたか?
サカナ? 竜巻? ネコ? 恐竜? 宇宙人?
静物画区は「色々なカゴ」を描きましょう。中に入れたワインのビンが難しかったですね。
人物は、立ちポーズの男性モデル、シャツの襟元をキリっと描くと絵が引き締まりますね。
クロッキー教室のあとは錦織先生によるショートバイブルメッセージ。
コリント第2の手紙の4章7節にはこのような言葉があります。

「しかしわたしたちは、この宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、わたしたちから出たものでないことが、あらわれるためである。」
ここで、土の器とは私たち自身のこと、宝とはイエス・キリストを指しています。
私たちは金の器、銀の器ではなく、土の器なのだ、でも、その器の中にイエス・キリストという宝物を持っているのだ、そこに価値がある、とこの聖書の言葉は語っています。
教会の働きの一環で日本に行きましたが、プライベートでも大学時代の友人たちに会う時が与えられました。その時に感じたのは、私が一番神様のことを伝えられたのは、大学の時にブラスバンドに入って、この仲間たちと良い友人関係を築けた時かな、ということでした。良い友人関係の中で、伝わっていくこと、言葉にしなくても、「さあ伝えるぞ!」と頑張らなくても、うちに持っているイエスの輝きが伝わっていくのかなと思ったのです。
そう考えると、大切なのは、私たちが何よりもこの宝物であるイエス様の素晴らしさ、神様の愛をもっともっと知っていくことですね。
私たちは土の器に過ぎない、でも、内側に神様の愛を持っていくこと、それを大切にしていきたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は7月18日(水曜日)の予定です。