4月にワシントンDCからボストンに引っ越す時には、3ヶ月そこらでボストンを離れ、NYに戻ってこのようにおあかしを書くということは全く予想していませんでした。神様は本当に人間の考えも及ばないことをなさる方だと改めて思います。

3年間働いた会社を辞め、意気揚々とボストンに引越し、新しい生活と仕事を始めて間もないうちに様々な問題が出てきてしまいました。弁護士にも相談する事態になり、その結果新しい仕事を見つけて早急に転職するしかないとのことで、ボストンに引っ越して早々、再び仕事探しを始めることになりました。いつ仕事が見つかるのかわからず、本当につらい毎日でしたが、思い返すとGod is faithful and never abandon you.という言葉は真実だと思います。

―サブレットさせてくれている人がクリスチャンで、私の状況を考慮し、柔軟にサブレットの期間などに対応してくれました。8月中、面接の結果を待っている間Homeless状態になる私の荷物を快く地下に置かせてくれたりなど、もしもこんなに柔軟に対応してもらえなかったら、リースやらストーレッジやらでもっと大変なことになっていたと思います。

―ボストンではすぐに日本人教会に溶け込むことができ、またそこは同じ年代のクリスチャンが多かったので、十分すぎるくらいのサポートが与えられました。解雇された経験を持つ人も少なくはなく、クリスチャンとして、経験者として良いアドバイスと励ましがもらえました。

―ボストンの教会で一番最初に知り合った女性が、実は数年前に私の前の会社のボストンオフィスで働いており、実は以前にMeetingで会ったことがある人でした。彼女も同じような経験をしているので、本当に親身に励ましてもらいました。
それとは別にDCの方の紹介でお会いした女性も、だいぶ前に同じ会社のボストンオフィスで働いており、励ましをもらいました。

―本当に落ち込んで、泣きながら地下鉄に乗っているとき、たまたまその日にホームでギターを弾いている人がクリスチャンソングを弾いており励まされました。

―1週間のうちに、4回も違う形で違う人から聖書の同じ部分が示されました。へブル人への手紙11章。つらくなるたびにこの御言葉を読みました。

―同僚は本当に良い人たちで、いつも励まされました。

挙げればもっとあると思いますが、ボストンでの夏は、お金もなく、最後の方には無職に近い状態になってしまったので、今までで一番教会に通い、すべての教会行事に出席し、暇があれば聖書を読んで祈る生活でした。そうする中で神様に頼ること、本当に神様にゆだねることを学んだと思います。

就職活動をする中で、6月にNYでずっと夢に見ていた教育機関から面接の機会をいただいたのですが、面接が良い印象で終わり、本当にそこで働きたいと思うことがありました。神様に毎日強く祈ったのですが、そこで働けなければ生きていけないという感じの強い祈りでした。神様、今なら私はNYに行ってもあなたのために働けます。NYに戻ったら、これもこれもこれもやって、あなたに近づけるようにします。だからこの仕事を私に下さい、と毎日祈りました。1ヶ月ほど面接の返事はなく、落ち着かない毎日が続きました。しかし、結果のわかる1週間前、ふと、この仕事は私のものではないということを感じました。そのとき、あんなに欲しくて欲しくて、泣きながら祈っていたのがうそのように静まり、「神様はこの仕事は望んでいない」と不思議に平安を感じることができました。結果はやはりだめだったのですが、まわりの人が驚くほど私が落ち着いていたので、神様が私の心を準備なさっていたのだと思います。同時に、自分が勝手に「神様これをくれたら私はこういうことができるんですよ。そうすれば神様はうれしいでしょう?」と勝手に神様に家を作ってあげようと決めたダビデのような状況になっていたことに気づきました。すべては神様が決めるのであって私が何をするかを決めるのではないのです。

その後もNY,Boston,DCを中心に面接をしていましたが、ボストンに残るのかなあと感じるようになりました。
ひとつボストンでうまく行きそうなところがあったので、私は勝手に自分で「何日までに決まれば引越しなんかもちょうどいいかな」とプランを立てていました。しかし、そこの選考プロセスも私が思ったようには進まず、結果がわからないまま、ボストンでの仕事を辞め、アパートを出ることになりました。面接の結果待ち中にホームレスになり、仕事もなく、どこに行けばいいのかもはっきりしない状況だったので「神様いつまでこんなはっきりしない状態が続くのですか?」と思っていましたが、ボストンを去る数日前、NYのある教育機関から電話があり、面接に来ないかと聞かれました。Applyしたのがだいぶ前だったため、どのポジションに応募したのか、どんな会社なのかも思い出せなかったのですが、ホームレスなので、NY経由でDCの西郷先生の家に行こうと考えていたため、ちょうどいいタイミングということでNYで面接を受けました。私の期待に反してそこはとても印象の良い会社で、面接を受けて数日後にオファーをいただきました。そこから手続き関係で時間がかかり、ようやく9月13日から仕事が始まるのですが、そのおかげで西郷先生の家に1ヶ月も滞在することができ、子供夏期学校をはじめいろいろな奉仕をすることができたことを本当に感謝しています。西郷先生の家での時間は朝から晩まで神様を第一とする生活で、ものすごく忙しい毎日でしたが、西郷先生たちの神様に対する熱意が本当に伝わる生活に加わることができとてもうれしいです。

この数ヶ月間、短い期間にいろいろなことが起こり、たくさんの人に出会い、いろんなことを感じたので文章できちんとまとめることができるかわかりませんが、今回神様は本当に神様の計画を持っていて、私が自分で考えた計画というのはなんのあてにもならないことを学びました。また、ボストンで同じ年代のクリスチャンたちとの交わりを持てたことも本当にすばらしい体験でした。そして、私は今まで大学も仕事も人間的に見たらいわゆる「良い大学、安定した職業」についており、それは自分の努力や能力で達成したという気持ちがどこかにありました。しかし今回、教育分野で働くことに迷い、ボストンでの建築オフィスでの仕事に移り、その中で困難に会うことで、自分がやっぱり国際教育の分野で働きたいということを再確認できたことを感謝します。今回NYで得た仕事は私の努力でも何でもなく、本当に神様が私に与えてくれた仕事だと思うので、大事に毎日神様のために働きたいと思います。今後また様々な試練があると思いますが、どんなときも神様はFaithfulで決して私たちを見捨てたりしないということを実際に体験したのでいつも神様の計画を信じていきたいと思います。

月報2005年10月号より